必要なとき作業を行う

一定の月額料金を支払うことで、出張費や部品交換、修理などをいつでも無料で行ってくれる保守サービスもあるのですが、日本のメーカーであれば、よほど古くなっているか、不良品でもない限りは簡単に壊れることは少ないでしょう。そこで毎月料金を支払うのは避けたいという人のために、出張費や修理代、部品交換の料金は取られてしまうものの、万が一のときだけ料金を支払う保守サービスも存在しています。

コピー機毎月料金を取られることがないので、故障などの回数が少なければ少ないほど料金も少なくて済むでしょう。しかし、会社によっては、中古コピー機を頻繁に使用することも珍しくはありません。このような場合、当然故障回数も多くなってしまうので、毎月料金を支払っておくという方法もあります。どちらを選ぶのかは、どのような状態の中古コピー機を購入したのかによって変わります。

また、どれだけ使用するのかによっても変わってくるでしょう。どちらを選択すればよいのか迷ったときには、スタッフが提案してくれることもあります。出張してくれるエリアについては、業者によってある程度変わってきます。日本全国いろいろな場所に支店などがあれば、その分出張範囲は広くなるでしょう。逆に支店数が少なければ、ある程度出張範囲も狭くなります。